遺産相続 -BK Inheritance-

HOME ...


テレビやドラマや映画などで、遺産相続の問題など、一度や二度は目にしたことはないでしょうか。

あれは、自分には全く関係のない次元お話だと考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、一口に相続と聞いて、どれもプラスのものだと考えていないでしょう。

相続されるお金や土地、家など、プラスになるものばかりではありません。親が残した借金も相続されるのです。

プラスにもマイナスにもなる相続のことに関して、全くの無知では、本来なら得することが、マイナスになったり、本来マイナスなことが、意外にもプラス働いたということも、この相続に関して言えます。

このサイトでは、遺産相続に関する基本的な情報をご紹介したいと思います。

http://www.the-write-image.com/ 葬儀場案内

遺産問題相談の際必要になってくるものとは

遺産問題相談をしたいのであれば、何についてトラブルを抱えているのか、要点を整理したメモを作成しておいた方が良いです。その理由は、一度きちんと整理しておかないと、いざ相談をしようとしたときに正確に弁護士に説明をすることができなくなるからです。そのため、あらかじめ自分の頭の中にあることをメモとして整理しなおしておくべきとなります。

あとは、具体的に争っている事実に関係のある物を持っていくことができれば持って行った方が良いです。例えば、遺言書の内容について争いがあるのであれば、遺言書を持っていくと、それを見ながら相談をすることができますし、その遺言書の書式がきちんと法律の要件を満たしているのかどうかについて弁護士に見てもらうことができます。

以上のように、あらかじめ用意することができる物は用意しておいた方が、効率的に相談をすることができます。法律事務所での相談は、時間単位で決まっています。中には初回の相談料を無料としているところもありますが、その場合でも無料で相談をすることができる時間は決まっています。つまり、時間を有効活用して、必要以上に出費をしないためにも、用意しておけるものは用意しておいた方が良いのです。

遺産の相続相談に関するポイント

遺産の相続相談においては、弁護士や司法書士にも積極的に取り扱われている業務であり、無料で受け付けられているなどの利用のしやすさが特徴的でもあります。また、何か重要な手続きが発生した際においても、相談内容を基に手続きを進めてもらうことができるため、より細かい対応が行われます。

遺産に関する問題は、複数の相続人の間で巻き起こるトラブルなども多く、遺言書の有無なども、遺産の分配に大きく影響されます。それぞれ定められた制度などを正しく把握する必要もあるため、より慎重に対処を進めながら問題解決を目指したいものです。

本当に相続すべきか相続相談で

遺産だけがある場合、プラスとなるものが多ければ相続するのは当然となります。むしろ捨てる人はいないはずですが、最近は借金が一緒に残されており、返済しなければ駄目な状況も作られています。こうした返済に苦労する場合は非常に大変で、相続するのは極めて厳しいとされています。

ここで考えられているのが、相続相談を行うことです。相談することで、本当に行っていいのかを専門科の視点で見てもらい、最終的に駄目なら放棄の手続きを、いいと思えば相続する手続きをします。相談をしないで決めるよりも、相談することがいいと判断できるのです。

遺言書作成しても無効になるケース

生前に財産の相続分や分割方法を指定したい時に遺言書作成が有効な方法となります。しかし、正しい方法で作成にしないと効力がなくなるので注意が必要です。自筆証書遺言の場合はワープロやパソコンで作成されたものは無効です。

本文、署名ともに自筆ではなければいけません。さらに、遺言書が書かれた日付と押印がなければいけません。公正証書遺言の場合は無効になるケースはほとんどありませんが、認知症など遺言者の判断力が著しく損なわれていた場合は無効になる場合があります。また、近年記録媒体として頻繁に利用される録音や動画は遺言書作成方法として法律では認められていませんので、遺言書としての効力は全くありません。

遺言書作成を身近なものに

「終活」という言葉も一般的になり、その一環として遺言書を残す人が増えているそうです。仲が良かったはずの家族が、相続トラブルで争い合うなんてことにならないよう、公的な書類を残す訳ですが、実際何から始めるべきなのか、素人にはとっつきにくいという問題もあります。

最近では「遺言書作成キット」と題し、遺言書の書き方や必要書類の解説書、保管用の封筒などがセットになったものが販売されています。説明に沿って記入していけば、そのまま公的機関に提出できる遺言書が出来上がるそうです。自分には大した財産はないという方も、エンディングノートの代わりとして、自分の意思を家族に伝えてみてはいかがでしょうか。

大切な家族の為の遺言書作成

最近よく終活という言葉を耳にするようになりました。これは多くの方が、自分が死亡した後の事について考え始めている事を意味しています。確かに、残された家族が自分の財産で揉める事を想像すると悲しい気持ちになる事でしょう。

そのような状況を回避する一つの方法が遺言書作成といえます。そこで重要なポイントとして、遺言書には法律に定められた書き方があるという事を知っておかなければなりません。例えば、全文を自筆で書く、内容は具体的に書く、書いた後は封印するなどです。書き方は一度書いてみると分かりやすいので、本やWEBなど参考に作成されてみてはいかがでしょうか。

遺留分は弁護士に解決を依頼できるか

自分が受け取れる金額が足りず、遺留分としてもらえる最低限を超えていないと判断されるなら、遺留分に関する依頼を弁護士に出しても構いません。ただ解決できるかどうか、これは別の問題となります。

実際に分けてもらうために、裁判を起こすなどして対応しますが、その額がかなり小さいと判断されれば、依頼を出しているだけで損をしているのです。また弁護士と言っても、かなり小さい内容では厳しい場合もあります。大きな内容については、積極的に考えてくれる部分もありますが、小さいものは他の仕事と考慮して、もしかしたら対応が送れる可能性もあります。

遺書によって遺産がもらえなくても遺留分の部分は相続できる

通常遺産は、配偶者や子供に相続権があります。しかし、故人の遺書や遺言書作成により血縁関係のない人へ相続の遺志が記されている場合、法定相続人である配偶者や子供が十分に遺産相続できず、生活が立ちいかなくなってしまう恐れがあります。

そういった自体を避けるため、最低限の遺産取得部分を遺留分として請求をし、受け取る権利が法律で保障されています。ただし、これは法定相続人だけが認められ、直系ではない兄弟や甥姪などについては対象外となります。また、故人を殺したり相続放棄したりした場合には、遺留分請求はできません。

相続の受け取りを保証する遺留分について

人生には必ず終わりがあるものです。誰しも人生の最期は穏やかに、跡を濁さず終えたいと思っていることでしょう。そのため、生前に遺言書作成を行って、自分の死後に備えることも少なくありません。

遺言は被相続人の意思を死後に伝える大切な手段ではありますが、内容によっては遺族に不満を生じさせることもあります。その遺言書の内容が、著しく相続人の権利を侵害する場合、遺言書の内容によらず相続財産の一部を一定限度の割合で相続することができます。これを遺留分といいます。遺留分を受けとる権利があるのは、配偶者、子供、両親です。

いい人ほど遺産分割協議で譲歩する

お金を欲しがっている人に限って、あまり譲歩してくれない傾向があり、譲歩したいと思っている方が出ない限りまとまらないこともあります。まとまってしっかりと考えるのが重要になっていて、短期間で解決するなら特に重要となります。

誰かが譲歩するようにして、遺産分割協議を終わらせるようにしてください。意外といい人ほど譲歩する傾向があり、お金はいいから解決した方がいいと判断して、早々に決着を着けることを狙っています。こうして譲歩してくれる人が多くなってくると、遺産分割協議でもある程度簡単に終わらせることができます。

遺産分割協議書には実印でサインしましょう

分割協議が終わったら、遺産分割協議書を作成するようにしてください。分割協議書は、誰がどのような遺産を相続したのかを明確に記載し、全員が同意したことを証明する書類です。分割協議書を作成する場合は、署名をして実印で押印をするようにしてください。

これは後日同意の有効性についてトラブルになった時に、簡単に立証できるようにする為です。実印と印鑑証明書を比較することによって、分割協議書に同意したと立証することが出来ます。海外に住んでいる方は、印鑑証明書が発行できないので、署名証明書を印鑑証明書の代わりに添付するようにしてください。

遺産分割協議書の作成の仕方について

遺産分割協議が完了したあとには、遺産分割協議書というものを作成します。それを参加した人は一人一枚持っておく必要があります。ではこちらの書類の作成には何か決まりなどがあるのでしょうか?

実はこちらの書類に特に決まりなどはありません。記載しておかなければならない内容としては日付、誰がどの財産分与を受けたのか、参加者、参加した人全員の捺印です。特に最後の捺印は全員の分が必要ですので、押し漏れがないようにしてください。こちらを封筒に入れて保管しておきます。途中で勝手に廃棄したりしてはいけません。分与が終わった後もしっかり保管しておいてください。

相続手続きを弁護士に依頼した方がいい場合

弁護士への依頼費用は行政書士や、司法書士に依頼するよりも高くなる場合がほとんどです。それは着手金の有り無しによる所が大きいのです。もし親族間で何もトラブルがなく、ただ相続登記だけをお願いしたい場合には司法書士で十分ですし、逆に税金の申告費用がいるような場合には行政書士に依頼しなければなりません。

弁護士に相続手続きを依頼した方がいい場合というのは、遺産の相続について親族の間でもめ事が起きそうな場合です。相続紛争が起きてしまった場合に自分の代行や代理ができるのは法律事務所だけです。こういうことが予想される場合には事前に依頼しておくことをお勧めします。

相続手続きは何をいつまでにやればいいの?

相続手続きと一言でいっても内容が多岐に渡るため一体何をいつまでにやればいいのか全く分からない場合も多いです。相続手続きは人生の内に何度もやるような内容ではないのでわからないことが多くて当然です。

まず忘れずにやらなければならないのは、故人が亡くなってから7日以内に市役所に死亡届を出さなくてはならないということです。こちらの届けを出さないと火葬許可書が出ず、火葬許可書がないと葬式やお通夜などの準備を進めていくことができません。なので、まずはその届を出す所から始めましょう。遺産などはその後の手続きでも問題ありません。

相続手続きを期限内に出来なかった場合の対処法もあります

相続手続きには全て期限が設けられていますが、どうしても期限内に手続きを完了させることが出来ない場合もあります。相続税の手続きでは、相続税の期限後申告書を提出しなくてはいけません。

この手続き期限にはペナルティが発生するわけではありませんが、期限が遅れた分だけ延滞税をとられることになります。延滞税はどうしても逃れることが出来ないので、手続きが遅れてしまい期限後申告書を提出したい場合には、税理士などに相談するようにしてください。延滞税が少なくなるよう力を貸してくれます。相続手続きは出来るだけ早く完了させるようにしてください。

TOPICS ...

遺産相続方法
遺産を相続されると突然知らされても、どうしていいかわからない。そんな相続にはどんな種類の相続方法があるんだろうか。 >>遺産相続方法

法定相続人
相続を行う上で、必要な一つとして挙げられるのは、相続人が誰なのかということ。相続人は一般的にどうのように決めるのか >>法定相続人

遺言書
テレビドラマや映画よく出てくる遺言書、本当に遺言書は効果があるおんでしょう。被相続者が書いたものは全て遺言書になるのでしょうか。 >>遺言書

FAVORITE


  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3