遺産相続 -BK Inheritance-

遺留分の放棄は判断基準が難しい

放棄したいと思っている方には、判断基準に沿ってできるのか検討してほしいです。自分ができる条件を満たしているかによって、遺留分を放棄できる場合があります。最終的な判断は、裁判所によって行われますので、もし判断基準に達していても、駄目だと判断されれば放棄できません。

受け取りたくない場合は、放棄できる基準を全て見てください。もしかしたら該当している部分、該当していない部分がわかるかもしれません。その上で弁護士などに話を持ちかけて、問題がないことを理解してもらってから、最終的に手続きを進める形になります。

遺留分を相続するためにすべきこと

人が亡くなると様々な相続が発生します。相続人は血族であること多いですが、故人の残した遺書などに記載されているのを元に分配されていきます。基本的には遺書通りに進めていくことが望ましいですが、例えば故人が愛人に全て相続するなどの旨の遺書を残した場合に、本来の相続人たちが相続できる財産を保証しているのです。

これを遺留分といいます。これが保障されているのは配偶者、子ども、父母のみです。故人の死後、遺書などによって相続でもめた場合には弁護士など法のプロに冷静に判断、円滑に進めて相続をしていくことが良いです。

遺言書が残っていても遺留分がある

相続が発生すると、何かと揉めたりする場合があります。そうなると思い、故人が生前に遺言書を残している場合があります。遺言書には、相続人以外にも遺産を相続する権利を記すことができます。しかし、それでは残された家族が家を失ったりする可能性もあります。

そういったことを防ぐために、相続人には遺留分があります。遺留分は、遺産の一定割合の取得を相続人に保証するものです。遺産の取り分を取り返すためには、それを請求しないといけません。ただ、残された遺言書が無効になるわけではなく、遺産を取り返す請求をするかどうかは相続人の自由です。

遺留分のしくみと遺言との関係

被相続人が所有していた財産のうち、兄弟姉妹を除く相続人に対して保証された最低限の取り分のことを遺留分と言います。民法では財産を自由に処分することが認められていますが、相続人に対する生活の保障や、被相続人の財産は相続人のおかげで築かれた面があることを考慮し、これらを調和する目的で法律により保護されています。

この最低限の取り分に関しては遺言によっても侵すことができませんが、侵害されたまま遺産分割や相続が行われた場合でもそのままにしておくと有効になってしまいます。そのため、相続人はこのことを知った日から1年以内に遺留分減殺請求を行うことで法定相続分を取り戻すことができます。

遺留分の相談は専門家に行う

遺留分はどんな時にでも問題になるわけではありません。遺言がなければ法定相続割合に応じて相続をするのが通常ですし、遺言があってもそれに納得をしているなら、問題はありません。遺言によって法定相続人の権利を侵害されている場合に、遺留分が問題になります。

請求は個人でもできますが、相談だけでも弁護士にしておいたほうが良いかもしれません。相続問題に強い法律事務所なら、無料で相談を受け付けていることも多いです。一度和解の取り決めをしてしまうと、それを後から取り消すことが難しくなるので、前もって専門家に相談だけでもしておくことがおすすめです。

遺留分関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3