遺産相続 -BK Inheritance-

遺産分割協議書を成功させる方法

被相続人が亡くなって相続が始まりますが、遺言書がなければ、相続人全員の合意に基づいて遺産を分ける事になります。そのために開かれるのが遺産分割協議です。協議をはじめる前に被相続人の遺産をすべて把握する必要があります。相続人が誰であるか調べる事も必要です。

遺産をすべて把握して、相続人をすべて集めて協議を開いても合意が得られるわけでもありません。合意が得られなければ、家庭裁判所で調停を受けなければならないのです。行き詰ってなやむよりも、遺産分割協議がうまくいきそうもなかったら早めに弁護士の相談するのが賢明です。

弁護士の依頼費用が高くても遺産分割協議に必要

依頼する金額が結構高く、報酬の支払いに苦労するケースも多くなります。でも遺産分割協議には重要となっていて、多くの場合は利用していくこととなるでしょう。もし利用しない方法を採用しているなら、それだけで問題となってしまいます。

力を持っている人に相談できなくなり、本来期待している分割が不可能となる可能性もあります。遺産分割協議は、とにかく早く解決していくことが重要になっていますし、弁護士の報酬が高くなっていたとしても、依頼をしておかないと大きな効果を得られません。なるべく早く話を進めていくことで、解決を図りましょう。

遺産分割協議の行い方について

被相続人が亡くなった時、遺言があればいいのですが、無い場合もあります。その場合、遺産分割協議を相続人全員で行わないとなりません。そしてその結果を遺産分割協議書に書いておきます。口約束では後でもめた時や手続きで必要となってきます。

そもそも相続人を確定する作業も大変です。戸籍などから相続できる人を割り出す必要があります。スムーズにこの遺産分割協定書が出来ればいいのですが、わからないことや揉めた場合は遺産相続に詳しい弁護士の先生に相談するのがよいでしょう。経験豊富な弁護士によるアドバイスで、納得のいく相続が可能となります。

遺産分割協議には弁護士を進行役に立てるとスムーズ

大切な人が亡くなってしまったとき、残された者の間で揉めごとを起こすのは本来ならば避けたいものです。しかし、遺産に関するトラブルは多く起こっています。遺言書が相続人にとって不当のものだったり、そもそも遺言書がなかった場合には、相続するに値する法定相続人の間で遺産分割協議を行い、財産の分配方法を決める必要があります。

そこで、進行役がいるとスムーズに進むのですが、身内だとどうしても公平に物事を見ることができない可能性があるため、遺産分割協議や相続問題に詳しい弁護士や法律家を進行役として介入させることで、ことを上手く運びやすくなります。

遺産分割協議関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3