遺産相続 -BK Inheritance-

弁護士に任せる遺産分割協議

遺産分割協議では、相続する者同士の主張が異なると、対立してしまう可能性があります。感情的な主張のぶつけ合いへと発展する前に、弁護士などの専門家に相談してみることをおすすめします。遺産分割協議は、決着がつかない場合は調停・審判に持ち込まれます。

このため、調停や審判になったときの展開を予想して、協議を進められるかどうかが重要となるのです。弁護士は依頼者に対して、事前にしっかりと説明をおこない、調停・審判になった場合でも、依頼主が不利益を被らないように配慮しています。法律を踏まえた適切な主張をするのが、専門家の役割となるのです。

遺産分割協議のトラブルを防止する方法

遺産分割の話し合いは、まとまったとしても話の内容を書面に残しておかないと、後で言った、言わないという争いが起きてしまう可能性があります。そのため、通常遺産分割の話し合いをまとめる際には、遺産分割協議書というものを作成して、相続人同士で同意した内容の確認をおこないます。

協議書を自分で作成して、万が一内容に不備があった場合には、せっかく作った協議書がなかったことにされてしまうのです。遺産分割の際に弁護士へ立ち合いを依頼すれば、不備の無い協議書が作成できます。そのため、遺産分割後に相続人同士でトラブルになるのを防ぐことができるのです。

弁護士に遺産分割協議の手続きを依頼することのメリット

遺産分割協議は複雑な手続きをたくさんおこなう必要があり、負担が重いものです。しかし、遺産分割に精通している弁護士へ依頼することで、そのような負担はなくなります。それだけではなく、依頼者に有利になるような法的な主張を組み立てることもできるのです。

遺産の範囲や評価、寄与分、特別受益などのさまざまな問題を分析していきます。専門的な知識がない方では困難なことでも、全て任せられるのです。また、ほかの相続人との話し合いにも弁護士が代行することもあります。相続の話がしづらい兄弟や、面識がない親類相手でも、交渉がスムーズにいく場合が多いのです。

弁護士にとって遺産分割協議は仕方ないもの

何度もトラブルが起きてしまい、思ったような進行ができないケースもあります。弁護士は、そうした信仰が遅れている場合でも、しっかり対応することとなります。なるべく対応する時間を作って、しっかりと遺産分割協議が終わるようにしてくれますが、やはり時間はかかってしまいます。

なるべく遺産分割協議では、短時間で完了する方法を取りたいものですし、すぐに納得できるように弁護士が調整していく場合もあります。それでも納得できない人は、様々なところで食って掛かるような状況となります。これによって、長時間の分割協議に変わってしまいます。

遺産分割協議関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3