遺産相続 -BK Inheritance-

司法書士にこそ相談したい相続

相続について相談したい時に、どの法律家がいいのかという事で悩んでしまう人もいる様ですね。相続については複数の法律家が担当していますので、迷うのも無理ないと思います。

もし、相続の事で法律家に相談した方がいいと思う事が出てきた場合には、司法書士に相談してみるというのはどうでしょうか。

司法書士は、あまりにも高額な相続については対応できない事もありますが、その様なケースを除き、書類作成などをしっかりと行ってくれます。

相続について知識がなく、困っているあなたを優しく、そして丁寧にサポートしてくれるのが司法書士の役目です。法律家はどうも相談しにくく、近寄りにくいと感じている人には、司法書士が温かく助けてくれる事でしょう。

司法書士は身近な法律家で、何かあればすぐ相談できますね。

司法書士の業務である相続業務

司法書士の業務である相続業務については、故人が所有していた不動産を相続する場合においての名義変更の手続きや、戸籍などの収集、相続関係の説明が行える図の作成、どの相続人がどの遺産を相続していくかの話し合った結果を記載した遺産分割協議書の作成などをおこなわれています。

相続に関しては細かな業務となり、円滑に相続をおこなっていくための作業をしてくださっています。このような書類作成等がある事で、見落としなどのミスを防ぎ、相続をおこなっていくことができます。この他にも他の法律家が対応してくれているおかげで、円滑な相続をおこなっていくことが可能になります。

相続放棄手続きは司法書士にしかできない

弁護士や行政書士などは行政の専門家ですが、遺産相続を放棄したい場合は司法書士しかできません。相続放棄は、亡くなった人に財産として借金が残され、相続をしたくない場合に行う手続きです。注意したい点は、相続放棄をしてしまうと、亡くなった方が残していた借金以外の資産も相続できなくなります。

司法書士は、依頼人から相続を放棄する理由やその他のことを聞き、家庭裁判所に提出する相続放棄申述書を作成します。また、戸籍謄本などの必要書類も収集してくれるので、住民票しか用意できないという方にとっても、代行取得してくれます。

不動産の相続登記は司法書士に

不動産を持っていた被相続人が亡くなった時、不動産の名義を変更したいとき相続登記を行う必要があります。その手続きは、司法書士が担当してくれることが多く、具体的にいつまで登記するという期限がないため、放置されることもあります。

もし、相続登記を行っていないと売却や貸すこともできません。その他、不動産を担保に入れてお金を借りることもできなく、万が一所有している建物が災害に遭ってしまった時に、賠償も受けることができないデメリットがあります。不動産を持っている方は、被相続人がなくなってしまった場合、司法書士に相談してみましょう。

相続に関する手続きは司法書士へ

家庭裁判所に、調停や審判の申立書などで提出する書類を作成できるのは司法書士です。また、亡くなった人が所持していた借金を、相続したくない場合の手続きも専門に行ってくれます。マンションやアパートの被相続人が、所持していた不動産の相続人変更を行う相続登記に関しても請け負ってくれます。

その他、相続税については税理士の担当となりますが、事務所によっては課税の対象範囲や不動産の評価、どれぐらいの遺産を所持していれば課税対象となるかなど、質問に答えてくれる所もあります。専門家への橋渡しを行ってくれますので、相談先に迷ったら司法書士に行きましょう。

遺言書作成関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3