遺産相続 -BK Inheritance-

遺産分割協議を細かく調整

調整したい部分は当然多くなっていますし、希望している金額に満たないような状況になっているなら、どんどん増やせるようにしておきたいものです。ただ金額を増やすのはかなり大変と言われていて、色々な人と調整しなければなりません。遺産分割協議の場合は、小さいところをしっかりと調整しながら、問題なく終わらせるようにしていくのです。

細かく調整していることで、分割する金額が増える可能性も出てきます。多くの金額を得たいと思っている場合には、協議をしていく間に話を何度も行って、遺産分割協議を有利に進める必要も出てきます。

遺産分割協議では法律家の方に相談してみてはいかがでしょうか

あなたは、遺産分割協議を経験したことがありますか。どなたかの遺産を相続することになり(被相続人)、他にも被相続人がいた場合、どう分けるか話し合うことです。遺産というものは、土地や有価証券など、なかなか分けるのが難しいものが多いです。

その分けるのが難しいものを、被相続人同士で話し合い、誰が何をどれだけ相続するかを決めるのです。被相続人当事者同士での話し合いではなかなか決着しないときは、法律家の方に間に入っていただくこともできます。町の税理士さんや弁護士さんに相談するということです。法律に疎くても、相談に乗ってもらいながらの協議ならば、納得のいく話し合いになるかもしれませんね。

相続人全員が納得するための遺産分割協議

遺産分割協議というのは、被相続人が持っていた財産を相続人で分け合うときに、相続人全員が遺産分割の分け方に納得いくように話し合う事です。被相続人が土地や建物を持っていた場合、土地や建物を相続人全員が部分的にもらうというのはとても困難です。

また、被相続人が死亡する前、介護をしていた相続人としていなかった相続人でもらう額が同じというのは不公平という考え方もあります。そんな時、話し合いで遺産分割をすることを遺産分割協議といいます。一人だけ土地をもらって、それ以外の相続人には現金などの財産を支払う方法などの方法で相続人を納得させます。色んな方法を使って相続人全員が納得する結果を見つける事が大事です。

遺産分割協議でもめないために

遺産問題はいつでもつきまとうものかもしれません。できるだけ揉め事を起こさずに円滑に進めたいものだと思います。そのためにも遺産分割協議は重要なものに間違いなくなります。これは相続人全員の合意で被相続人いわゆる亡くなった方の遺産の分け方を決めることを言います。

最終的に協議書をまとめて書面にして相続財産を決着させて終わらせるのですが、遺言書があればその通りに動かせば良いのですが、遺言書がない場合、亡くなった瞬間、相続人全員の法定相続分の割合で共有している状態になります。そういった場合に円滑に進めるためにも遺産分割協議場合重要になってきます。

遺産分割協議で遺産相続を行う

遺産分割協議は相続人全員で遺産のどのように分けていくか話し合う事です。遺言書が無い場合や遺言書に書かれてない財産がある場合、そして遺産を受け取らせないようにする場合にも行われます。相続財産を確認して協議で全員が納得すれば遺産分割協議書を作成して各自1通ずつ持ちます。

これは後々のトラブルを避ける為です。しかし協議をしても親の介護や世話などによる金銭の負担についての遺産の増額や絵画や骨董などの価値の分からない物に対して平等に分ける事が難しく、協議ができない場合は裁判所で調停が行われて遺産を分割していきます。

遺産分割協議関連

リンク

・おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3