遺産相続 -BK Inheritance-

複雑な遺産相続手続きを専門家のサポートを受けて確実に行う

遺産相続手続きについては、法律的な知識や税務関係の知識が必要とされるので、高額な遺産を承継するようなケースでは、専門的な資格者に間に入ってもらったほうが、スムーズに進めることが出来るでしょう。

相続税に関しての手続きについては、税理士が専門に行っていますが、税理士の中にも専門分野があるので、相続関係の手続きに慣れている相手に依頼をしたほうが、いろいろなケースにしっかりと対応することが出来ます。その他、遺産分割協議が必要となる場合や相続人同士で争いが起こってしまいそうな時などには、法律の専門家である弁護士などにサポートをお願いしたほうが安心です。

誰が遺産相続手続きを行うのかを考えておこう

遺産相続手続きを実施しようと考えるときには、いったい誰がその手続きを行うのかを考えておかなくてはいけません。原則として、亡くなった人の遺産を単純に継承するためには権利を持っている人がその遺産を継承することを宣言して、その旨をきちんと証拠として残さなくてはいけません。

法定割合で分割されるときには、権利を有している人の遺産の割合が最初から決められていますので、家族同士でその割合で納得をした段階で家族の共有財産ではなくなります。手続きを本人ができなかったりその内容が理解できなかったときは、代わりの弁護士に相談しなくてはいけません。

遺産相続手続きでトラブルを避ける方法

遺産相続手続きでは、複数人の相続人がいる場合には争いになることがあります。土地などの分割が難しい資産がある場合には、だれがどの財産を相続するのかでもめることがあります。

相続人が1人しかいないケースではすべての財産をその人が引き継ぐので争いは起きませんが、借金を相続してしまうといったトラブルが起きることがあります。また、遺言書で赤の他人に財産を譲り渡すとされていた場合などには、遺留分の問題も出てきます。トラブルを避けて納得がいく解決をするためには、あらかじめ弁護士などの専門家に相談をしておくのが良いでしょう。

遺産相続手続きは早めに取りかかりたい

遺産相続を何度も経験しているという方は少ないはずです。そのため、実際に相続をしてもわからないことが多く、ついついそのまま放置してしまうという事も少なくありません。しかし、そうして放置していることで権利を失ってしまったり、できなくなる手続きが出てきたりするものです。

自分を守るためにも早めに取りかかりましょう。さらに、自分は関係ないと思っていても、放置すると自分の子孫にその付けを回してしまうことになります。関係者も増え手続きが困難になることもあります。こうしたことを防ぐため、その都度遺産相続手続きを確実に済ませていきましょう。

故人が残した金融機関の預貯金の遺産相続手続き

故人が金融機関に残した預貯金の相続手続きは、以下の様な手順で行います。預貯金が残っている事が分かっている金融機関に、亡くなった事を告げると、その口座は凍結されます。その上で、まず窓口を訪れた者が、子供等の相続権がある事を戸籍謄本等で証明する事で、遺産相続手続きについての説明や書類を入手する事が出来ます。

亡くなった方の出生時から死亡までの戸籍謄本を取り寄せ、相続人が特定できるようにし、その法定相続人全員の印鑑証明を添えて、金融機関の所定の書類に指名を記し、実印を押印する事で相続人全員が預貯金の相続に関して把握した事を確認し、他の相続人が委任した代表者の口座に預貯金の残金が振り込まれます。

遺産相続手続き関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3