遺産相続 -BK Inheritance-

遺留分を考慮した相続

遺言書を作成するときに気をつけたいのが、遺留分についてです。配偶者や子供など、被相続人との関係性によって法律で相続が保証されている制度です。基本的に相続分割協議は遺言書に従って決められますが、この割合を無視した分配の記述があっても、減殺請求を行えば相続が可能となります。

しかし、各相続人に恨みが残るかもしれませんので、最初から遺留分を考慮した分配を記しておくのが望ましいでしょう。財産が現金であれば計算もしやすいですが、不動産など素人では価値を判断しづらいものもあるかと思います。そのような時は弁護士に依頼をして、作成のサポートをしてもらいましょう。

遺留分の割合について

家族がいる人が死んだ時、遺産相続が発生します。遺産相続の際、亡くなった方が遺言書を残している場合があります。しかし、場合によっては愛人に全ての財産を譲渡するという事を記載してしまう場合などがあります。このような状況の際、残された遺族を守るために民法で定められているのが遺留分です。

保証されている相続人は、配偶者・子供・父母となっています。遺留分は最低限の財産を保証するもので、その割合も決められています。請求できる財産の割合は、配偶者や子供が法定相続人となっている場合は二分の一で、父母の場合は三分の一となっています。

遺留分って何のことか把握

遺留分という言葉が耳慣れない方も多いと思います。遺留分というのは財産を残して亡くなった方の兄弟姉妹以外の相続人に対して保証される相続財産の割合のことをいいます。財産を残して亡くなった方が、遺言書などで贈与や生前贈与を行った場合、兄弟姉妹以外の相続人の方はその分の財産を渡しなさいと伝えることができるのです。

これを減殺請求というのですが、これをされると、遺言や生前贈与を受けた人が受け取った財産は、請求した人との割合に応じた共有財産となります。遺言や生前贈与を受けた人は、その分に応じた財産を変換しなければいけなくなります。

一部の財産相続が保証されている遺留分

財産の相続には、被相続人との関係性によって全体の何割かの相続が保障されている遺留分という制度があります。これは遺言書に相続の旨が記されていなかったり、分割協議の場に居合わせなくとも、後日減殺請求を行うことによって受け取ることが可能となります。

配偶者がいた場合は全体の2分の1、配偶者と子供が1人いた場合には全体の4分の1が遺留分となります。こうした決めごとを知っていても、不動産など所有財産をどう分配すれば公平なのか判断しにくいかと思いますので、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。遺言書記入の際に不備が無いかどうかもチェックしてもらえます。

遺留分関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3