遺産相続 -BK Inheritance-

遺産分割協議だからこそ話は長い

遺産というものを扱っていなければ、そこまで影響が出ることもありませんし、無理をして話を続ける必要もないでしょう。それくらい遺産は大きなものになっていますし、誰だって多く受け取りたいと思っています。

この状況を考えると、遺産分割協議は長くなっても仕方ありません。話が長くなってもしょうがないですし、誰だって譲れないところはあります。部分的に解決している場合と、全く解決しない場合もありますので、話が長くなったとしても、穏便に終われるように調整します。長いだけで何も解決しない状況が、一番良くないと言われているのです。

遺産分割協議を弁護士にお願いする

遺産分割協議を弁護士にお願いする事は可能です。一見して法律家は必要がないようにも思えますが、話し合いがこじれた場合には法律家である弁護士の力を借りる事になりますので、あらかじめ依頼しておいた方がいいでしょう。

弁護士がいることで、トラブルがないように対処してくれますので、結果として良い状況になることもあり得るでしょう。弁護士が間にいる場合には、相続人全員で集合する必要もなくなりますので、忙しい人にとっては非常に得策であることが言えるでしょう。遺産問題について経験豊富な法律事務所を利用すれば、法律に基づき客観的に判断してもらえるため、親族間で恨みを残すことなく解決へと導いてもらえるでしょう。

遺産分割協議問題を弁護士に相談

遺産分割協議問題を弁護士に相談する事は非常に重要なことでしょう。遺産の分割をおこなっていくうえで、話し合いだったとしてトラブルに発展してしまうケースは多々あります。それがお金の問題となってしまうと親族同士の争いにも発展してしまいますので、しっかりと弁護士などの法律家に依頼することがいいでしょう。

そのように依頼することで、未然にトラブルを防ぐ効果もありますので、安心して依頼することができるでしょう。相続に長けている弁護士事務所もありますので、依頼する場合にはそのような専門性を持った事務所に依頼することをおすすめします。

遺産分割協議は再度行うことができる例外もある

一度成立してしまった遺産分割協議の解除は難しいです。しかし、必要な相続手続きを行わない場合には、調停や裁判の手続きを行って、解除を申し立てることができます。また、生前の被相続人より贈与があったときもやり直しが可能です。

成立後に新しい遺産が発覚してしまったなら、新しく協議を開く必要がありますが、協議書を作成するタイミングに、新しく出てきた遺産についての内容を記載することで、再び遺産分割協議を行わずともよくなります。協議書の中に記載してあっても、遺産を隠していたり、新たに見つかった遺産が全体の大半を占めているのならば、無効となることもあります。

遺産分割協議で駄目なパターンは

一番駄目とされているのは、喧嘩別れになってしまう場合です。この状況になると、2回目の遺産分割協議が行われないままとなり、期限までに分割する方法を考えられないのです。大したことじゃないと思っても、全員が同意できる内容を作ってから、次の話し合いに活かすなどの方法を取ってください。

意外と適当に考えていたために、問題となっている場合もあります。遺産分割協議には、喧嘩をしないように気をつける部分は多くなっていますし、かなり辛いとされている内容もあります。しかし誰もが変な終わり方は望んでいないので、ゆっくり考えていくのです。

遺産分割協議関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3