遺産相続 -BK Inheritance-

遺言書作成していくには

遺言書作成を作成していくには遺産相続のことをしっかりと熟知し、適した相続人に遺産を相続していくことをおすすめします。遺言書を作成するにあたって、多くのルールが用意されていますので、しっかりとそのルールを確認しなければ、作成した遺言書が無効になってしまう可能性すらあります。

せっかく作成しましたので、無駄にしないようにしたいものです。作成に戸惑うようであれば、弁護士や司法書士に相談しにいくことも可能ですし、遺言書キットなどを使用し作成していくことをおすすめします。事務所によっては無料で相談にのってくれる場所もありますので、そのようなサービスを利用してもいいでしょう。

遺言書作成でパソコンも可能な 秘密証書遺言書

遺言書の内容を誰にも知られたくない場合におすすめなのが秘密証書遺言書です。亡くなった後に、遺言書作成の存在を明確にできるものです。ですが証人2名を同行させて、公証役場で手続きを行う必要があるます。

公証人も中の内容を確認することがありませんから、記入漏れなどがあって後々無効になりかねませんので、自筆遺言書と同様に記入の仕方も事前に確認しておくことが重要になります。

手続きには、自分で署名捺印をすることになりますが、遺言書については、自筆遺言書と違いパソコンでも記入することが可能ですから、少々手に不自由がある方でも利用できるものです。

公証役場の遺言書作成なら検認いらず

財産も多く、遺言を確実に実行してもらいたい方は公正証書遺言書作成をおすすめします。自分の意向にそった遺言書を公証人が聞き代筆するものです。その場に2人の証人が必要になりますが、周囲にいなければ、手数料を支払うことで公証役場に依頼することができます。

公正証書遺言書は確実であると同時に、財産が多いほど費用がかかりますが、 自筆遺言書のように、家庭裁判所で検認する必要がないため、すぐに執行することができます。また、耳や言語機能に障害がある方には手話や筆談で対応するなどの配慮がされています。管轄の公証役場は電話帳やネット検索で確認できます。

遺言書作成をするには

遺言書作成をするとなると大げさなイメージがありますが、自分だけで作成することもできます。はじめは重く考えすぎずにとりあえず、遺言書の作成をしてみることをおすすめします。昨今においては手軽に遺言書を作成できるように、遺言書キットなども発売されていますので、そのようなもので基本的なことを学び作成してみることをおすすめします。

万が一、遺言書の作成方法に迷いや疑問などが生じた場合には、弁護士や司法書士などの法律家に相談してみることをおすすめします。事務所によっては無料相談もおこなわれていますので、利用してもいいでしょう。

遺言書作成は難易度が高い

実際に作成してみると、本当に苦労するところが多いです。何を伝えればいいのかわからなくなってしまい、書きたいことと思っていることが異なってしまうのです。そうした状況に陥ってしまうと、満足できる遺言書が作れなくなってしまい、結果的に失敗する可能性が高まるのです。

失敗しないためには、最初からどの部分に重点を置いて作成するか考えます。遺言書作成には、重点を置くことも大事になっていますが、何よりも失敗しないように調整しながら、色々な文献を見て考えるのもいい方法です。こうして駄目な部分を減らしてから作成しても構いません。

遺言書作成関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3