遺産相続 -BK Inheritance-

遺留分を請求すること

家族が亡くなってしまったとき、家族ではない第三者に財産を譲り渡すといった遺言書が残っていた場合、それを手元に残したいと思う家族にとっては大問題になります。本来は亡くなった本人の財産であるため、それに従った方法で分配することが可能ではありますが、遺留分と呼ばれる法律で保障されている権利があり、最低限の財産を取り戻すことが可能です。

この場合で遺留分を請求できるのは、亡くなった本人の配偶者と子どもが基本となります。また、手に入れるには期限内に請求することが必要ですが、請求すれば財産に対して一定の割合の分が認められます。

遺留分はいくらであるのか

遺言書に書いても絶対に認められないことがあります。それが遺留分の排除です。法定相続分の半分は必ず認めることができるようになっています。もちろん、例外がないわけではないのですがそれは裁判所を通して相続人としての権利を排除させたりさせることもできるのですがかなり条件が厳しいですから本当に例外的といえます。

遺留分なのですが、これは二分の一になります。決められた割合の二分の一ですから、妻であれば四分の一、子供であれば四分の一をさらに人数で等分すること、となります。これが法律で最低限、認められている相続人の権利です。

遺言書を書くときは遺留分の権利を忘れてはならない

遺言書を作成したほうが良いと思われる方には、独り身の方や、離婚などを経験して家族構成が複雑な方、家族が妻または夫しかいない方などが該当します。特に家族構成が複雑だった場合には、遺言書を作成する時点で、相続人の関係性や分配方法をしっかりと考えて書かないと、揉めごとに発展することがあります。

また、遺留分にも注意しなければなりません。たとえ遺言で指定した一人だけに財産を受け渡すという旨を記入しても、該当する法定相続人によって遺留分を請求された場合は、遺言を残した本人の意向に沿わない結果になることもあるのです。

知らない遺留分を他の人と

遺言書に書かれていない場合には、遺留分についてわからないままとなり、相談していくことが望ましいとされています。そのまま放置して考えてしまうと、本来受け取れる人が裁判を起こしてしまい、返すように言われてしまいます。

勝手に決めてはいけないことですし、遺言書に書かれていない場合は、渡さないと駄目な部分も出ています。最低限とされている金額が、最終的に受け取る金額を変えてしまうと思ってください。遺留分がわからない場合は、弁護士に相談したり、個人で調べるようにして金額を決めるなど、分割する方針を知っておくのです。

遺留分関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3