遺産相続 -BK Inheritance-

専門家に任せるとすぐに終わる遺産相続手続き

自分で遺産相続手続きをする場合は、相続人全員の書類に何度も相続人のサインや実印を押してもらう必要があったり、故人の誕生から死ぬまでの戸籍を用意したり、相続人の戸籍謄本を集めなければならなかったりと非常に手間がかかります。

また銀行の口座の名義変更は何度か足を運ばなければならないケースもあるので、労力的にも時間的にも大変です。そこで弁護士や司法書士に遺産相続の手続きを代行してもらえば、委任状を用意するだけですべての手続きを終わらせてくれるので、時間的にも労力的にも手間がかからなく無事に終わらせることができます。

財産の名義変更や遺言の検認など遺産相続手続きの注意点

遺産相続手続きという場合、主に被相続人に帰属した財産の名義を法定相続人名義に書き換えること、遺言があれば家庭裁判所の検認を受けることなどを意味します。相続人が単独であれば名義を当該相続人に変更すれば済みますが、複数の場合は特別な意思表示をしなければ共有になるので注意が必要です。

仮に預貯金の名義を変更しようと窓口に相続人の一人が訪れても、相続人全員の意思が確認できる書面等の提出を求められます。相続人の数で割った金額まで理論上は権利を主張できそうですが、相続人全員の話し合いで金額の配分をする必要があります。このように名義変更自体は複雑ではなくても、分割方法が面倒なことがあります。

遺産相続手続きにはどんな手続きがあるか

遺産相続手続きには、相続財産の調査、相続人や受遺者の調査、遺産分割協議などの他、相続放棄や遺留分減殺請求、あるいは相続税の申告、準確定申告、不動産の相続登記など様々な手続きがあります。相続財産の調査では不動産や借地権などの評価額、債務の確認等を行い、相続人の調査では戸籍謄本や遺言書を収集して法定相続人や受遺者を確定させる為に行います。

相続放棄は財産も債務も取得しない事を法的に認めてもらう手続きで、遺留分減殺請求は法的に取得できる遺産の割合を請求する手続きで、いずれも期限があるので注意して下さい。また、準確定申告など税金関係の手続きは、漏れが多いので慎重に税理士に依頼し慎重に行いましょう。

遺産相続手続きに必要な相続人の確認

遺産相続手続きを行うときにしなければならない事は様々ですが、まず、相続人を確認することがあげられます。自分で思っている以上に意外にも相続人が複数出て来ることもあり得ます。

逆に、当たり前に相続人だと思っていた場合でも故人の遺言書があることなどの理由で、相続権が無いケースもあります。手続きを行う時に重要なのが、相続人の確認です。相続人が無くなっている場合には、さらにその子供へ及ぶ場合もあるのでより煩雑になることもあります。離婚や再婚により複雑になるケースも珍しくありません。相続手続きには必ず必要な確認だと言うことを注意しておきましょう。

遺産相続手続きで重要な相続人と遺産の調査

遺産相続手続きの中でも、相続人と遺産の調査は特に重要な手続きです。相続人の調査は、被相続人が出生してから死亡するまでの連続した戸籍謄本や相続人全員の戸籍謄本が必要で、被相続人と同時またはそれ以前に死亡した子がいる場合や、反対に子がいない場合などでは、死亡した子や父母や祖父母、兄弟姉妹の戸籍謄本が必要となります。

遺産の調査は、遺産分割協議を行う為に被相続人の遺産となるものを調査し、それを財産目録にまとめる手続きを言います。特に不動産や貴金属、借地権や特許権などの権利関係は遺産の価額を計算する事が大変ですし、債務の調査は複雑ですので慎重に行う必要があります。

遺産相続手続き関連

LINK

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3