遺産相続 -BK Inheritance-

遺留分を放棄するのは無理なのか

放棄したいと思っている場合や、受け取りたくないと考えているなら、遺留分放棄という選択もあります。個人で放棄するのは可能なのか気になるところですが、裁判所に行けば放棄する手続きが可能です。

要らないと思っているなら、それを証明してもらい、納得して結果が出ないと駄目なのです。裁判所では、その判断をしている唯一の機関となっていますので、判断さえ受ければ放棄できます。あまり捨てる選択を行う人もいませんが、要らないと考えているならその手続きをとればいいのです。こうして他の人に出せる状況を作れば、遺産の問題も解決します。

相続人の権利を保護する遺留分

遺産相続において、被相続人は生前に遺言などの方法で相続財産を自由に処分できます。例えば遺産を全て慈善団体に寄付するなどという遺言を残した場合、残された遺族にとって生活の危機に瀕する可能性も出てくるため、相続人の権利をある程度保護する遺留分というものがあります。

これは、法律の定めにより相続人が相続できる最低限の割合のことで、配偶者か直系卑属のどちらか一方でもいる場合はこれらの人全体に対して相続財産の2分の1が相続されます。その後の割合については当事者同士の相談になります。被相続人に直系尊属のみいる場合は相続財産の3分の1が相続でき、兄弟には遺留分はありません。

遺言で遺産が受け取れない法定相続人は遺留分を請求しましょう

法定相続人であっても、被相続人の遺言によって、遺産の相続が出来ない場合があることをご存知でしょうか。けれども、法定相続人が兄弟姉妹ではない場合には、遺留分減殺請求権を行使することで、受け取れるはずだった遺産の一部を確保することが可能です。

遺留分は、被相続人との繋がりによって割合が変化しますが、自分の権利が侵害されたと思ったら、請求の手続きをおこなうと良いでしょう。手続の方法は、インターネットなどで調べることが出来ますが、確実におこないたいと思ったら、司法書士や弁護士など、法律の専門家に依頼するのもひとつの手段です。

相続人の相続を保証する遺留分

遺留分は、民放上で定められている一定の相続人が最低限相続することができる財産です。基本的には、亡くなった方の意思を尊重するため、遺言で、愛人などの家族以外の人に全財産をあげると遺言に書いてあった場合でも、残された家族に対して、最低限相続することができる財産を、保証されております。

その対象となる人は、配偶者、子供、父母など、法定相続人の第三順位である兄弟は補償されておりません。もし、それを侵害された場合、遺留分減殺請求というものをする必要があります。それを知った日から1年、それを知らなくとも、相続開始の日から10年で時効になってしまいます。

遺留分はどのように請求するのか

たとえば、被相続人である故人が残した遺言書が「自分の遺産のすべてを愛人に相続させる」というような場合であったとき、本来相続の権利のある配偶者や、子ども、両親は、その遺言書にそのまま従うのではなく、遺留分減殺請求をおこない、遺産の一部を取り戻すことができる権利を持っています。

はじめから裁判を起こすのではなく、まず話し合いを持ち交渉することからはじめ、意見が一致しなければ裁判で遺留分減殺請求をおこなうことになります。これらの過程では法律の知識が不可欠です。冷静・客観的な視点を持つ弁護士に介入してもらい手続きを進めていくのがよいでしょう。

遺留分関連

リンク ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3