遺産相続 -BK Inheritance-

共有財産を遺産相続手続きで単独所有にする

亡くなった人の遺産は、一度残された家族の共有財産として処理されます。その後に、遺産分割協議などによってだれがどの程度の遺産を相続するのかを決めることになりますので、勝手にそれぞれの権利者に対して相続されるわけではありません。

遺産相続手続きに関しては自力で行うこともできますが、手続きが面倒だと感じる人は弁護士に一括して任せることもできます。また、共有財産となった遺産を特定の人物が法定割合に従って単独所有するためには、その権利者が単独所有を宣言してから手続きをしなくてはいけません。これによって、はじめて自由に遺産を使えるようになります。

遺産相続手続きには期限の定められた手続きがある

遺産相続手続きには、相続放棄や遺留分減殺請求、あるいは準確定申告や相続税の申告など、期限が定められた手続きがあります。相続放棄は、被相続人の死亡を知った日(相続開始日)から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きを行わなければいけませんし、遺留分減殺請求は、遺留分の侵害を知った日から1年以内に権利の行使(口頭や書面での通知)しなければ、時効によって権利自体消滅してしまいます。

また、被相続人の所得を申告する準確定申告は相続開始日の翌日から4ヵ月以内に、相続税の申告は同じく10ヶ月以内に行う必要があります。税金の期限は起算日が相続開始日の翌日となる点に留意して下さい。

遺産相続手続きで最も重要な手続きは?

遺産相続手続きには様々な手続きがありますが、その中で最も重要な手続きは遺産分割協議です。これは相続人や受遺者が被相続人の遺産を誰がどうやって取得するか協議する事であり、相続人同士で争いになる可能性が高く、裁判に発展する事も多々あります。

遺産分割は、遺産ごとに相続人を決める現物分割、遺産を全て現金化してそれを分割する換価分割、他の相続人に代償金を支払う代わりに遺産を取得する代償分割、そして遺産を相続人が共有して相続する共有分割の4種類があります。一般的には現物分割によって分割されますが、遺産の平等に分割されない事が多い為、遺産や相続人の状況に応じて換価分割や代償分割を選択すると良いでしょう。

遺産相続手続きは専門の弁護士にお願いしよう!

遺産相続手続きをしなければならない状況になった際、素人が勝手な判断で分配するのではなく、専門の弁護士にまず連絡すると良いでしょう。弁護士が適正な判断で作業を進めてくれるので、遺産の見落としや相続ミスがなくなるので安心することができます。

また、遺言状があった場合も、それが自筆のものか判断するための処置をしてくれるので、知識がなければできないことを弁護士が代行してくれます。ただし、弁護士に依頼した場合は、その仕事に対する料金が発生するので、料金プランを確認した上で手続きをお願いしましょう。安易な選択をしないことが必須です。

一般的な遺産相続手続きの一連の流れ

遺産相続手続きは、亡くなった被相続人の遺産を相続人が取得する為の手続きを言います。手続きの一連の流れは、被相続人の死亡後に相続人や受遺者(遺言により財産を取得する人)、財産の範囲や価額を確定させ、それを相続人などが遺産分割協議を経て分割し、最後に相続税の申告や不動産の相続登記などを行います。

また、相続放棄をする場合は、被相続人の死亡を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きを行わなければならず、遺言により民法の定める遺留分を侵害された場合に行う遺留分減殺請求は、侵害された事を知ってから1年以内に手続きをしなければいけませんので、注意が必要です。

遺産相続手続き関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3