遺産相続 -BK Inheritance-

個人向けに遺留分の相談を行う

個人で遺留分に関して相談したいと思う部分があるなら、弁護士の無料相談を利用してみるのがおすすめです。弁護士が知っている内容から伝えてくれて、金額的に問題がないかチェックしてくれます。まだ受け取っていない人は、相談によって金額が得られる可能性を知ったり、遺留分というものが存在している内容を説明してくれます。

個人向けに話ができるのもいいですが、自分がその知識を持ってこれからの話し合いに参加するなど、正しい状況を作らなければなりません。そして問題なく解決されることを考えて、教えてもらったことを活かします。

法定相続人における遺留分の割合は

相続人が最低限の遺産を確保できる制度を遺留分といいますが、各相続人がどれぐらいいるかによって取得できる割合が違ってきます。被相続人の配偶者だけや子供だけの場合は遺産の半分となり、配偶者と子供の場合はそれぞれ4分の1となります。

また、配偶者と直属尊属では配偶者が3分の1で、直系卑属(父母)は6分の1です。これは、基本的な割合になりますが、子供が3人いたりする時には、その人数分で割合が決まります。相続人は、遺留分を請求しないためにも、被相続人との関係を良好に保っておくのが、遺産を相続できる方法です。

遺留分を知らないと相続トラブルを招きます

遺産相続において、故人の1親等以内にあたる遺族は、最低限の相続権が法律によって保証されており、これを遺留分といいます。この権利を知らずに遺産相続を行なってしまうと、後に大変なトラブルを招く事となります。

たとえ遺言書の内容上は遺産相続できない方でも、その方に遺留分の権利があった場合、最低限の相続額を請求することができるのです。請求は相続手続き完了後でも行うことができますので、遺族が忘れた頃に突然請求書が届くケースも多いのです。このようなトラブルを防ぐためにも、弁護士、司法書士、行政書士など専門家の協力のもと、正しい法知識で遺産相続を行いましょう。

遺留分は法律上定められている遺産の取り分のことです

遺留分は、ある一定範囲の相続人が最低限度補償されている遺産の取り分のことで、法律で定められています。相続の際に遺言書があった場合一般的にその内容が優先されますが、民法では最低限度相続できる遺産を受け取れるようになっています。

受け取れる範囲の相続人は決まっており、配偶者、子ども、父母になります。また遺留分として請求できるのは、配偶者や子どもが法定相続人としているときは相続財産の2分の1、法定相続人が親だけのときには相続財産の3分の1となります。この権利には時効があり、相続開始または自分が受け取る権利が侵害されていると知ってから一年、知らなくても十年を過ぎると受けとれる権利がなくなってしまいます。

遺留分減殺請求をおこなうには

誰がどの遺産を引き継ぐかというのは、まず遺言書が優先されます。被相続人の好きなように書ける遺言書ですが、本来相続の権利をもっている法定相続人にとって、あまりに不利な遺言書である場合、残された家族の生活が不安定になり困ってしまうということもあります。

そのようなときでも、遺留分という最低限の財産を、他の相手に渡ってしまった中から取り戻すことが可能です。その遺留分減殺請求をおこなうには、相続に関する法律の知識が必要になります。弁護士に相談しサポートを得るほうが、よりスムーズにおこなうことができるでしょう。

遺留分関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3