遺産相続 -BK Inheritance-

遺言書作成についての方法

親が亡くなった後、遺産相続で揉めるというのはよくあることです。こういう場合には、遺言書があればそれに従うことになります。しかし、それは法的な形式を満たしたものでなければ有効になりません。

そこで、一番確実な遺言書作成方法が公証人役場での作成です。公証人立ち会いのもとで作成することになります。要件を満たしたものが作成できることと、紛失の恐れが無いことが特徴です。生前に作成しておくと後にトラブルを防止できる可能性が高いです。また、自筆遺言書というものもありますが、これは自筆でなければ無効となるので注意が必要です。

遺言書作成は管理も合わせて考える

遺言書作成では、偽造、変造、破棄、隠匿といったリスクも考慮しなければなりません。例えば、自筆証書遺言の場合、被相続人が何度も書き直す事が可能である為、複数の遺言書が存在する可能性がありますが、日付が古く無効となった遺言書を偽造して特定の相続人に有利な遺言書を作成する事も可能ですし、たまたま見つけた遺言書の内容が自身に不利だった為に破棄したり、隠したりするケースもあります。

その為、そうしたリスクを回避する為には、公証役場で公正証書遺言を作成したり、秘密証書遺言で遺言書を貸し金庫に預けたりするなどの方法を実行すると良いでしょう。

正しく進めたい遺言書作成

資産を持つ方にとって、生前の課題となる事柄の一つに遺言書作成が挙げられます。亡くなった後に、残された家族など遺産相続人となる方々の間でトラブルが発生しないように対策できるだけではなく、どのような相手へ、どのような内容の資産を渡したいかというような意思表示のための手段としても認識されています。

実際に遺産相続の手続きが行われる際には、遺言書の有無が大きなカギを握るだけに留まらず、正しく作成された遺言書でなければ有効と認められません。また、作成には複数の方法が存在しており、正しい知識を取り入れながら作成を進めたいものです。

守るべきことが多い遺言書作成

遺言書作成をいつかはしてみたいと思いながら、叶わぬまま人生を終えるケースは少なくありません。一度作成したものの、気に入らず書き直す人もいるでしょう。遺産の額に関わらず、遺言書は最期の手紙ですから、遺される人に伝えたいことを書けばいいのです。

遺産相続に関しては、特に記載方法に注意が必要です。法的に定められたルールに従って記載しなければ、無効になるのです。疑問があれば、弁護士に相談するとアドバイスをくれるでしょう。 正式に依頼する場合は、見積もりを出してもらってからです。相談は気軽にするといいのです。

遺言書作成時の基本について

遺言書作成をする事は多くの人に関わりがないようにもありますが、ライススタイルが多様化する現代においては必須なことになりつつあります。作成については被相続人の心情が常に関わってくることとなりますので、その点がむずかしいとされています。

また、しっかりとした内容を記載できなければ向こうになってしまうリスクもありますので、注意しながら作成していくことが大切になります。さまざまな要素を含んでいますので、自身だけで作成も可能ですが間違いのないように、遺産相続を熟知している弁護士などの法律家に依頼することをおすすめします。

遺言書作成関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3