遺産相続 -BK Inheritance-

遺留分に関する相談が急増中

相談を考えている方が、遺留分について弁護士に聞いていることも多くなっています。相談が伸びている理由として、受け取れる金額が出ているのかも重要ですが、何よりも放棄したいと思っている方の話が多くなっています。

自分は要らないと思っているけど、受け取らないと駄目なのか聞いていて、弁護士などが判断を行って放棄できることを紹介しています。しかし相談を持ちかけても、条件が達成されていないために放棄でないケースがあるので、全ての相談でいい結果が得られると限りません。まずは話だけでも聞いてみたいと思う方も増えています。

間違えた遺留分に関する対応

間違えてしまった遺留分については、まず金額が違っていることを分割している人全てで共有します。間違っていた場合は、足りていない人は多くもらっている人に対して要求を行って、足りない分を出してもらいます。こうして金額が正常になるようにすると、問題なく遺留分は解決されます。

要求しても駄目な場合は、裁判に発展する可能性もあります。金額が微々たる程度なら、言わなくてもいい話ですが、大きい場合は言わないと何も変わりません。裁判を行って出ても、取り返す必要性が生まれるのは間違いないことで、今後も傾向として起こってきます。

遺留分を相続人以外に相続させるときの注意点

遺産相続といえば、配偶者や子供が相続人となります。もし、被相続人がなんらかの理由で、相続者へ遺産など全てを渡したくないときは、必ず遺言書にその内容を盛り込みます。しかし、相続人が遺産を受け取れなかった場合に、最低限の財産を保証できる遺留分という制度もありますので、必ず相続できるかは曖昧になります。

どのような理由でも、相続人が受け取れなかった場合は、遺言書に書かれた方に対して、慰謝料の請求や侵害された財産の確保ができる「遺留分減殺請求」を行う可能性もあります。被相続人は、起こりうる可能性を踏まえて遺言書を作成しましょう。

遺留分減殺請求が来たときにどうするのか

遺言書によって法的相続人以外の方が全ての遺産を相続してしまい、被相続人の配偶者や子供が侵害された財産を取り戻すために、遺留分減殺請求をします。この請求の権利は、相続開始と侵害されていると知った日から一年有効です。

また、相続開始から十年が過ぎてしまうと時効になります。請求書を受け取った方は、相続が終えたからと安心して放置する対応は避けましょう。自分が対応に不安を感じるのならば、専門家である弁護士に依頼します。依頼を受けた弁護士は、請求者との協議を進めて、解決できるように双方の意見を聞きつつ解決策を検討します。

遺留分が認められない兄弟姉妹

遺留分は、法定相続人が最低限の遺産が確保できる権利です。遺言書で自身の遺留分も侵害されていた時は、減殺請求を行うことができます。しかし、相続順位が一番遠い兄弟姉妹の場合は、遺言書の内容を否定する権利が認められていません。

そのため、相続人が減殺請求をできるに対して、兄弟姉妹が知らずに訴訟を起こす場合も多いです。裁判を起こしたとしても、民法にて決められているので返還されないこととなっています。また、兄弟姉妹は相続する予定であった兄弟や子供が相続の権利を失った時に、代襲相続をするためとも言われています。

遺留分関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3