遺産相続 -BK Inheritance-

遺産分割協議などの遺産分割について

遺産分割は故人が所有していた遺産をどのように分割すべきかの決めていく方法になります。方法としては遺言書によっておこなう遺産分割や、遺産を分ける方法を話し合う遺産分割協議、裁判で争う遺産分割調停や遺産分割審判など4つの方法があります。

この4つの方法から遺産の分割をおこなっていきます。遺言書で遺留分が考慮されていなかった場合には、遺留分減殺請求をおこなうこともでき、遺言書の内容をくつがえすことができます。このような方法で遺産を分割していきます。一つ一つに専門的な知識を要しますので、弁護士などの法律家に依頼することをおすすめします。

遺産分割協議をおこなっていく

遺産分割協議をおこなっていく前のポイントとしては、財産の内容や相続人の把握などは、あらかじめおこなっておく必要があるでしょう。そうすることで何かあった場合にも対応することが可能になります。

遺産分割協議はあくまでも遺産を分ける話し合いをする場面ですが、場合によってはもめてしまう可能性もあるでしょう。そのような場合には、相続人の全員がしっかりと納得するまでは決めることができない点があげられます。遺産相続は非常に法律的な部分が必要になってきますので、弁護士などの法律家を依頼する必要はあると言えるでしょう。

遺産分割協議をはじめる

遺産分割協議をはじめるにあたって、まずは相続人の選出からはじまります。その後に相続人全員で、故人の残した遺産の内容を確認します。ここで遺言書があれば遺言を読み上げていきますが、ない場合には定められている法律を元に、どの相続人がどの遺産を受け取るかを話し合っていきます。

この場合においては、さまざまなことが想定されますので、弁護士などの法律家に依頼できるのであれば、依頼し第三者的な立場で司会の進行などを行ってもらうことをおすすめします。親族間で揉めて今後の付き合いがぎくしゃくしてしまわないよう、客観的に遺産相続問題について判断を下せる法律事務所へ依頼するのがおすすめです。

遺産分割協議書で気をつけるポイント

遺産分割協議を終えて、相続人が合意した内容を記し合意書として成立させる書類が、遺産分割協議書といいます。この協議書には、相続人全員が合意することで、後で起こるトラブルを防いだり、各手続きの名義変更、相続税の書類に添付できるようになっています。

また、自分たちで協議書を作成してしまうと間違いが生じ、相続人同士の争いを呼ぶ可能性もありますので、弁護士に依頼することをおすすめします。後々のいざこざをなくすためにも、しっかりとした知識を持った方にお願いし、作成した協議書が無効と判断されないように注意しましょう。

遺産分割協議を弁護士がおこなう場合

遺産分割協議を弁護士がサポートをおこなう場合には、心強いサポートであることがあげられるでしょう。第一に、弁護士が間に介入することで、相続人同士がわざわざ集まり、話し合いなどをおこなう必要は全くありません。

このことについては、忙しい人や遠方に住んでいる相続人にとっては、非常にありがたいと言えるでしょう。このような仕組みを利用して、相続自体をどんどん円滑におこないたいものです。しかしながら、時として遺産のことでもめてしまう可能性も考えられますので、そのような場合には裁判所で争うことになってしまいます。

遺産分割協議関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3