遺産相続 -BK Inheritance-

法定相続人 ...

相続人は血縁関係ならば、必ずしもなれるという訳ではありません。

また血縁関係の中で、相続人になれる優先順位があります。
相続人の優先順位は以下の通りです。

配偶者→子供→父母→兄弟姉妹という順番になります。

亡くなった人により近い世代が優先されます。

相続人の範囲や法定相続分は、民法で定められています。
相続人の範囲と法定相続分

相続相談は誰にするべき?

相続というのは、ドラマや映画、本になってしまうくらい、簡単にはいかず揉めてしまうことが多いのが現実です。特に親族と言うのは遠慮がないため、一度こじらせてしまうと、元に戻すのが非常に難しい所が厄介です。

もし相続において問題が起きてしまいそう、揉め事が発生しそうとなった場合には完全に揉め事に発展してしまう前に、専門家に相続相談をしてみることをオススメします。相続手続きに立ち会ってくれる人は完全に第3者の立場から物事を見てくれるので誰かの味方になったり、敵になったりすることがないため、公正に判断ができます。

周囲には相談できない相続相談

養子は実際の親子ではない子供ということですが、養子には普通養子縁組みと特別養子縁組みがあり、普通養子縁組みは、実の親と現在の親の両方の相続人となることができます。一方特別養子縁組みは、実の親の戸籍から抜けることになるため、相続人にはなれず、現在の親のみの相続人となります。

様々な事情により養子縁組みするケースがあるなかで、実の親子関係でも戸籍を抜いてしまうか、抜かないかで相続の事情も大きくかわります。相続相談では、周囲には知られたくないような事情でも、相法律に基づいて分かりやすく説明してくれます。

無駄のない相続相談で費用を節約

相続相談先は、その家庭によって違ってきます。相続財産が3,600万円を越えていなければ相続税はかからないため、税理士に依頼する必要はありません。また、相続人に同士で揉めていることもなければ弁護士へ依頼することもありません。

また相談先には信託銀行もありますが、役所関係など多岐にわたる書類の取得は、相続人自信が時間をさいて手配することになります。さらに不動産があったり相続税が発生すれば、別件として司法書士や税理士へ依頼することになるため、費用が余計にかかることになります。そのため相続手続費用を節約したければ、遺産や状況を判断し、適正な相談先へピンポイントで依頼することです。

相続相談は、生前よりしておこう

相談手続きは、ほとんどの人が経験するものです。しかしながら、誰かが亡くなったことで手続きが発生するので、話題にするのが忌み嫌われる傾向にもあります。手続きの段になっても、被相続人に聞くことなどできません。

相続で疑問があれば、日常的に話し合っておくことが大切です。法的な疑問は、司法書士に相続相談するのがベストです。被相続人になる人も、どのように相続して欲しいか希望があれば、遺言書に記載します。最期の家族へのメッセージとして書き連ねることで、自分のこれまでの人生に向き合い、残りの人生を全うできるでしょう。

遺留分関連

FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3