遺産相続 -BK Inheritance-

司法書士として開業する

同じ司法書士として活躍する場合でも、法律関連の会社に雇われて仕事をする場合と、自分で開業する場合には事情は異なってきます。

雇われて仕事をする場合には、司法書士として必要な業務だけを集中して行う事ができます。しかしながら、開業した場合にはその他にも経理や営業、総務などの仕事をすべて自分で行わないといけない場合もあります。

社員を雇う場合でも、開業する際には一人で始める人が多く、その場合には他の人に頼る事はできません。

資格を得るとほぼ同時に開業する人もいますが、その場合には仕事にも慣れておらず、経営面に関しても新たに学ばないといけないので、慣れるまでの間は大変だと感じる事もあるかもしれませんね。

司法書士の今後について

司法書士の今後については大きく活躍されることが予想されています。一つは借金相談が新たにおこなえるようになり、そのことによって債務整理をおこなうことが、可能になっています。過払い請求については落ち着いてきていますが、任意整理や個人再生、自己破産などの対応をすることが可能になりました。

費用も弁護士よりもリーズナブルな点が挙げられますので、今後多くの人が利用するようになるでしょう。しかしながら、注意すべき点があります。それは司法書士においては借金相談に制限があることです。内容としては一つの案件に対しての借金総額が140万円までと定められていますので、その範囲であれば相談可能になります。

司法書士も業務停止があり得る

間違った業務を行っていた場合、違反とされている内容を続けていた場合、更に認可されていない範囲を超えていた場合など、司法書士に違反とされている内容はあります。弁護士の場合、違反とされる内容は、戒告などを受けたり、業務停止を受ける倍もありますが、司法書士も同様に処分されています。

内容は弁護士と大体同じですから、似ているような処分を受け続けると判断してください。トラブルを起こしてしまった人は、それなりの対応を迫られてしまいます。業務停止になると、仕事どころか収入の影響を受けてしまうので、あまり受けたくない処分なのです。

司法書士は便利だが時間に注意

確かに便利なのはわかりますが、司法書士にもちょっとした問題が残されていて、その問題をしっかり解決しないと上手く利用できません。上手に利用していくことで、ある程度の問題は解消されますが、意外と問題は起こりやすい傾向にあります。

特に気をつけたいのが、相談をするのは便利だけど、実際に依頼を出してみると使えないことが多数ある点です。司法書士は、限られていることを中心として依頼を出せるので、範囲に該当しないものは使えなくなっています。もし使えない依頼をするのであれば、弁護士を経由することを忘れないでください。

司法書士は信頼が重要になる

仕事をしている中で、信頼感が足りないと利用者がいいと思ってくれません。依頼を出してくれる人は、信頼できる対応を求めているので、もし対応が悪いと判断されれば、他のところに持っていく可能性もあります。

司法書士は、信頼されるような対応をしなければなりません。対応が悪いだけでもかなり厳しい状況になってしまいますから、問題なく仕事ができるようにするためにも信頼されるように気をつけることです。とにかく安心できる説明を行うだけでなく、足りないところを補ってあげるなど、自分なりに考えをしっかり持って行動するのです。

遺言書作成関連

LINK ...

おすすめ情報をご紹介。


FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3