遺産相続 -BK Inheritance-

司法書士

司法書士とは以来を受けて不動産登記や商業登記を代行したり、裁判所や法務局などに提出する書類の作成を作成するなどの業務を行う職業で、国家資格の一種です。

国家試験に合格した後に都道府県司法書士会へ入会し、名簿への登録を受けなければ業務を行うことができません。

司法書士に違反行為などがあった場合にはその懲戒処分として、戒告、2年以内の業務の停止、業務禁止といった処分を受けることになります。そして司法書士には懲戒請求の制度があります。

依頼者などからの懲戒請求を受けて、司法書士会が調査して違反が認められた場合には懲戒処分を下すことになります。

司法書士 大阪について。

様々な依頼に対応する街の法律家・司法書士

どのような規模の街にも必ず存在するのが司法書士事務所です。ここでは主に、法律に関する書類作成、および手続きを行なっています。具体的な仕事内容は、不動産に関する所有権の移動手続き、遺産相続に関する書類作成などを行います。

遺言執行者を請け負うことも可能です。また法務大臣の認可を取得すれば、140万円以下の借金問題を取り扱うことも可能となり、債務者の代理人として簡易裁判所に出廷することもできます。街の法律家と呼ばれ庶民に親しまれている司法書士ですが、難関の試験に合格し、豊富な法的知識で様々な問題を解決する、エリートとしての顔も持ち合わせているのです。

司法書士の人は独立を行いづらい

仕事内容は似ているものの、弁護士と違って独立してもイメージを持ってもらえない傾向があり、どうしても独立する傾向が少ないのも司法書士の特徴です。独立している方もいますが、大手の事務所に入って仕事をすることが一番楽と判断して、そのまま仕事を行う状況も多いのです。

事務所に入って仕事ができれば、費用面の負担は減りますし、収入は安定しています。独立すると、金銭面の問題まで自分で行わないと駄目ですから、とても大変な思いをします。色々なことを考えると、独立しない司法書士が多くなってしまうのは仕方ないことで、これから増えるかも微妙です。

司法書士の業務の内容について

司法書士の業務内容についていくつかあります。基本的には昔からの登記業務をおこなわれています。昨今においては債務整理の業務も加わっていますので、今後においては業務が広がっていくことが予想されています。

また、裁判業務や相続業務などで使用する書類作成をおこなったりもされています。今後において活躍が予想されているのが、成年後見の業務になります。この業務については正常な判断ができない場合において、認定した後見人が代わりに判断をする制度になります。この制度についてでも司法書士が承りますので、今後忙しくなることが予想されています。

司法書士試験は個人の対策が厳しい

個人でも対策を行えるようにしていますが、対策できる範囲が限定されることと、最新の情報には厳しい状況もあります。新しい情報などが、司法書士試験に反映されることが多くなっていて、知らないうちに結構色々な問題が生じているとわかります。

合格できないと、何度も試験をうけることとなりますし、生活も厳しくなっていくことでしょう。とにかく合格を狙うため、何が必要なのか専門の方に教えてもらうことが望ましいです。教えてもらわなくてもいいと思っているなら、問題が起きない程度に自分で勉強して、成功する方法を考えながら検討してください。

遺言書作成関連

FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3