遺産相続 -BK Inheritance-

遺産の分割方法 ...

現物分割

現物分割とは、遺産をそのままの形で相続することをいいます。
もし遺産が現金、土地、一戸建ての建物、株と4種類あるとすると、それをそのままの形で、相続するという形になります。

相続人が複数いる場合、形が違うものを相当分に分けることは難しく、金銭を他の相続人に渡すことで、調整する必要があります。


代償分割

複数相続人がおり、その中の一人に相続分以上の財産を得た場合に、その相続人が、他の相続人に金銭を支払う方法をいいます。

相続人が3人、遺産は現金5億円と約1億円の価値のある土地、そして約5000万相当の株の3種類があるとします。

これらを相続人3人にそのまま分配します。そうなれば土地や株を相続された人は、不満が残ると考えられます。この不満を解決するのが、この代償分割になります。

この3つの中では、現金5億円が一番相続分としては多いので、他の二人に金銭で支払い調節を取るという形になります。

その時支払われる金銭は、3人が話し合いを持って決めていきます。


換価分割

土地や株の遺産を全て金銭に換え、相続人同士で分ける方法をさします。

これは、遺産の全てが土地や株といったもので、相続人に上手く分けることが、できないものや、土地などを割ることで、著しくその価値が下がってしまうものなど、相続人に分配される遺産に極端な差がある場合などに、おすすめな方法と言えるでしょう。

しかし、注意しなければいけないのは、金銭に変換する際に、費用がかかる場合がありますので、事前に必ず確認が必要と言えるでしょう。

遺産分割協議は難しい手続きではない

遺産分割協議で決めるのは、遺産を誰にどのように分割するかです。遺言書があれば持ち込み、その内容も勘案されます。遺留分があるので、全て遺言書の通りにはなりません。遺産相続で喧嘩になり、親族関係が壊れることも少数ですがあります。

実家の家を誰が相続するか、それともどのように処分するかなど、決めるべきことが多くあります。実家から離れてしまっていて、もう誰も住む予定がないなら、空き家バンクに登録するのも手です。賃貸、売買の希望を出せば、利用したいと考える人が出てくるかもしれません。不動産の遺産は、登記もしておくといいでしょう。

遺産分割協議の詳細について

遺産分割協議は相続人同士で遺産の分与を決めていく際に、話し合いの場を持つ機会になります。基本的に相続人にあたる人は全員参加が義務付けられていて、誰にどのようにして遺産をわけるかを決めていくこととなります。

相続人の選定や故人の所有する財産の確定からおこないますので、思いの外時間がかかることがあげられます。この場面で相続人全員の同意が得られないようであれば、裁判所に出向かなければいけないケースも出てきます。万が一のトラブルを未然に防いていく意味でも、遺産相続を専門としている法律家に依頼する事は、非常に有効な手段と言えるでしょう。

遺産分割協議と法定相続分

遺産相続において、どの相続人がそれくらいの財産を分与するかは、法律によって定められています。この取り分のことを法定相続分と言っています。この法定相続分の詳細を決める場が遺産分割協議であり、相続人の全員参加が求められています。

遺産分割協議においては、詳細を決めていくこととなりますので、非常に重要な場面になります。しかし相続人同士で納得がいくまで話し合うことが可能なら、法定相続分に従うことはないのです。基本的には全員の同意が優先されるものになっています。万が一、決まらないようなケースがあればこの法定相続分が優先されることとなります。

遺産分割協議をおこなう前に

遺産分割協議自体の期限は特にありませんので、どのタイミングでおこなっても問題はありません。しかしながら、財産の名義の変更や不動産の売却がおこなえないなどの不都合が生じてしまいますので、できる限り早めに済ませていくことをおすすめします。

また、あらかじめ相続人の選定と財産の確定は先にやっておいた方が、スムーズに遺産相続をおこなっていくことができるでしょう。遺産分割協議においては、相続人となる全員の参加が厳守になります。また、遺言によっての包括遺贈者がいるような場合には、その人においても分割協議に参加することを義務付けられています。

遺産分割協議関連

FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3