遺産相続 -BK Inheritance-

遺言書作成について

遺言書は、遺言者が死後、自分の思いの書き記した書をさします。

映画やドラマで見られる莫大な遺産を誰に相続するか、またどのように分配するかなどを記すものとイメージする方が多いのではないでしょうか。

そんな遺言書には様々な種類があり、法的に効力を持たせるには、その記述方法などを知っておかなくては、たとえ遺言書と書かれていても何の効力ももたない場合があります。

また遺言書作成することによって、本当に自分の遺産を相続したい方に相続することも可能になるのです。

例えば、妻に先立たれ、子供がいない場合、何もしなければ、相続権は、親族の誰かになります。

しかい、本人は普段からとてもお世話になっている親族ではない方に相続を残したいと思った時に、この遺言書が力を発揮します。

この例の他にも、内縁の妻がおり、その妻に相続したい。また結婚を2回以上しており、それぞれに子供がいる場合など、自分の死後、相続問題に発展するケースも考えられます。

遺言書を残さなければ、法律に則り、遺産は順番に優先権のある相続人に相続されます。それを望まないのであれば、遺言書を残すことをおすすめします。

遺言書作成をしておけば相続時の遺産承継がスムーズ

相続される遺産には、現金や預金などのように分割することが容易なものだけではなく、会社の営業権や株式、土地や建物の不動産までもが含まれることとなるので、相続時に親族同士が滞りなく遺産承継をすることができるように、事前に遺言書作成をしておくことが重要です。

遺言書にはきちんと具体的な遺産分割の方法やそれぞれの相続人への割合などをきちんと記載しておくことが必要となります。遺言書作成には形式的な要件もあるので、相続が発生した時に法的に有効なものとして扱われるように、決められたルールに沿って作成することが必要です。

遺言書作成方法は大きく分けて3種類存在する

遺言書作成の方法には、遺言の作成と保管をすべて自分自身で行う「自筆証書遺言」、公証役場で口述した遺言の内容を公証人に公正証書の形でのこしてもらう「公正証書遺言」、遺言の内容が記載された書面を封筒に封印し、公証役場で原本を保管してもらう「秘密証書遺言」の3種類があります。

基本的には3種類のうちのどの方法を選んでも構いませんが、公正証書遺言を選択すると、2名の証人や手数料分の現金が必要であったり、証人を通じて遺言の内容が漏れるリスクがあったりするものの、公証役場内で長きにわたって保管されるため紛失や盗難のおそれがなく、家庭裁判所での検認手続きをせずに済むので、一番安全な作成方法だといえます。

遺言書作成の方式について

一般的な感覚であれば、遺言書の作成は自身には関係なく感じることでしょう。しかしながら、ライフスタイルが多様化している現代において、財産の大きさには関わらず、遺言書を残す事は重要なことだと言えます。

遺言書作成の方式についてはさまざまなものがあり、自身で費用をかけずに執筆する自筆証書遺言や、公証役場で公証人に書面にしてもらう公正証書遺言などがあります。また、誰にも秘密にしておきたい場合には秘密証書遺言があります。このように複数の方式がありますので、自身にあった方法で遺言書を残すことをおすすめします。

遺言書作成をしてみよう

遺言書作成はエンディングを飾るにふさわしいことで、残された親族や遺族が困らないためにも、用意することが求められるものです。自分に十分な財産がない場合において、遺産の相続は関係ないものとして考えてしまいがちですが、実際には少額の遺産であっても遺産トラブルに陥る人は多いことがあげられています。

そのような不要なトラブルを回避するためにも、遺産相続は必要なものとして作成することをおすすめします。作成の仕方がわからないようであれば、弁護士や司法書士などの法律家や遺産相続に詳しい専門の機関が、相談にのってくれるでしょう。

遺言書作成の方法と対策

遺言書作成は、資産を所有している方にとっての重要な課題ともされるべき問題の一つです。自分の遺産が死後、どのような相手へ、また、どのような内容として引き渡されるか指定したい時に、唯一の意思表示が実現できる方法とされており、正しい作成が行われていなければ効力が発揮されません。

また作成方法は、複数の種類に分けられており、状況や目的によっては公証人や公証役場などの存在を利用せねば作成できないものもあります。正しい情報や知識を取り入れるために、弁護士へ相談するなどの対策が求められる事もあり、細やかに対処したいものです。

遺言書作成関連

FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3